カテゴリ:パジェロミニ メンテ( 46 )

水温ゲージ 社外品で対応 完結編

前回、にっちもさっちもいかなくなった水温ゲージの穴、熟慮の上もはや諦めて、放置

一番安上がりな方法で直すよ

社外品でアッパーホースから水温とる事にしたよ
e0344839_17345807.jpg
水温センサーアダプター アマゾンで1500円ぐらい


まず、ゲージにコードが届かないので延長するためにニッパでブチ切るよ
e0344839_17400955.jpg
青はエンジンアースだよ
e0344839_17411706.jpg
クーラントを少し抜いてアッパーホースを取るよ

e0344839_17444265.jpg
この中間にアダプターを挟むためにノコギリでゴリゴリ切るよ

e0344839_17462384.jpg

そして諸悪の原因である、ゲージのネジ山に塗られた固形のシール剤をブラシでこそぎ落して

液体のシール剤をを塗るよ
e0344839_17502942.jpg
また折れないよう細心注意を払いながら10Nmぐらいで締めるよ
e0344839_17523740.jpg
ホースバンドをつけて、装着完了

抜いたクーラントを戻して、エンジンかけるよ

寒いのですぐにはあがらないよ、導通テストしてないから、針が動くまではけっこうドキドキだよ

結果良し
e0344839_18012653.jpg
水もれがやや心配だけど結果オーライ

たまに見てやらないとね。

[PR]
by ebizori2 | 2017-01-05 18:29 | パジェロミニ メンテ

水温ゲージ リカバリー さらに墓穴編

前回折ってしまった水温ゲージをぬくよ

e0344839_20045210.jpg
思案のあげく、プラスドライバーを刺し込んでねじれないかやってみた


まず差し込む前に周りをバーナーであぶります。
e0344839_18001491.jpg
このままでは中の真鍮の金属も柔らかくなって舐めそうなので

凍結ルブで冷やします。
e0344839_18041899.jpg
No.2サイズ(普通サイズ)の貫通ドライバーを金づちで叩き込み、メガネをかけてグイっと・・

引掛かる部分が小さいので、結果舐めました。想定内

さらにNo.3サイズのドライバーを叩き込みます
e0344839_18092865.jpg
こちらが私の本命、かなり思いきって叩き込んだよ

祈る思いでグイっと回します・・・

手応えは『ヌルッ!』・・さらに舐めましたー
e0344839_18171288.jpg
もはや回せない状況

どうやらインマニ外して破壊するか、新たに横に新しい穴をほぐか、インマニに交換かという

大手術が必要のようです。水温メーターが上がらないだけで走行は問題ないというのが救いではありますが

少し時間がかかりそうです。


[PR]
by ebizori2 | 2017-01-01 18:28 | パジェロミニ メンテ

水温ゲージ 水温センサー交換 やらかした編

いまいち水温計の針が上がらない(走行後の状態)
e0344839_16321263.jpg
もちろん一番疑わしいサーモスタットは純正新品に交換済です。

アイドリングも温まると正常な回転に落ちるし、白煙吐き出してるわけでもなく正常に走行できるのですが

何か気になる。

水温ゲージがボケてきたのかなぁ。て事で交換するよ

現状
e0344839_16553346.jpg
クーラントのアッパーホースの根本付近にあるよ

水温センサーはCPUに信号を送ってエンジン回転数を決めるものなので直接関係は無さそうですがついでに交換しとくよ。

回りのじゃまなバッテリー、クーラント予備タンクを外して、カプラーを抜いて
e0344839_17101171.jpg
外せる状態になりました。このまま外すとクーラントがどっと溢れてくるからクーラントをラジエターの下から抜くよ

サーモスタット交換の時、ラジエター内全部抜いてたけど、そんなに抜かなくてもいいよ

アッパーホース内の分ぐらいで十分。(エアー抜きに時間がかかるだけ)
e0344839_17201566.jpg
500ccぐらいでいいんじゃないかと、これでも抜きすぎだと思う。

寝転んで抜くから、しぶきが目に入らないよう、安全メガネした方がいいよ、猛毒だよ

クーラントは夏に換えたばかりだし、きれいに澄んでるし、もったいないので再利用するよ

水温ゲージは12mmディープソケットで慎重に外すよ

e0344839_17312383.jpg
相手がアルミの鋳物で柔らかいので、以前サーモスタット交換のときねじ山かじった事件があって、かなり慎重にやったよ。

水温センサーは19mmのディープソケット持ってないのでスパナで地道にやったよ
e0344839_19103182.jpg
無事外せましたー

新旧比較
e0344839_19254212.jpg
金色に輝く真鍮製 しかも水温ゲージ(矢印)には何やらシール剤らしき緑の物質が塗ってあります。

水温センサーの方には何も塗ってません。これが原因で事件は勃発いたしました。
(新しいのはセンサー部が太くなってますね)

整備解説書には両方ともシール剤を塗るように指示があり、シール剤の製品名まで指示がありますが、今となっては

入手不能なので、信頼のワコーズの液状シリコーンガスケットGMを塗って
e0344839_19413964.jpg
取り付けました。大きい方の水温センサーはすんなりと取り付けできたのですが。←液状なので抵抗にならない、後で固まる。


やらかしてしまいましたー。

水温ゲージは10Nmぐらいの軽いトルクで締めるよう指示があるのですが

緑のシール剤が邪魔をして、とてもそんな軽いトルクじゃ締められないよー。

どうせ整備解説書もきっと更新されてんだろー。とグイグイいったら。

『ポキッ』というか『グニャ!』ときて中のバネが『ビヨーン』
e0344839_19572139.jpg
完全に根本から破壊 大ショック! 3000円がパー

速攻で新しい部品を電話で注文しましたが、年内は微妙だと

破断面はというと
e0344839_20045210.jpg
0.5mmもない肉薄中空構造、そりゃこんな固形のシール剤塗ってあったら、ポキるよー。

大ボヤキがこだまするもアフターザフェスティバル。

とりあえず、エンジンかかるか試さねば。速攻でクーラントを戻して、バッテリー付けて

エンジン始動、何事もなかったかのように通常どおりかかる。回転数も温まるにつれて、落ちてきてるので

水温センサーはOKのよう、水漏れもない。ただ水温メーターは当然下に張り付いたまま微動だにせず。


次なる課題はあの薄い真鍮の輪っかをどうやって外したらいいんだろう。


つかむとこないし、完全破壊してカケラがクーラントの中に落ちてしまうのも問題だしー。

次回へ続く。


[PR]
by ebizori2 | 2016-12-25 20:40 | パジェロミニ メンテ

冬タイヤへ交換 新兵器投入

本日は冬タイヤへ交換、大阪だけ走るのならほぼ意味のない事ではあります。

できればめったに稼働しない4WDを生かして、雪のある方面に行ってみたいとも考えてるよ
e0344839_18294053.jpg
悩んで買ったインパクトレンチ快適ですー。もっと早く買っとくべきだったわ インパクトレンチ買ってもた

さらに横着して、こんなの試してみたよ
e0344839_18341057.jpg
新兵器投入アストロのジャッキアップソケット


パンタジャッキにかませてインパクトレンチでガガッと持ち上げてみた

一瞬で持ち上げたよ、めっちゃ使える!継続使用決定

フロアジャッキは2輪一辺にに持ち上げられて良いんだけど

重いし、馬かけないといけないから案外時間かかるんだよね。


更に新兵器投入
e0344839_18511885.jpg
ホムセンで買ったバルブアダプター

車の米式バルブからママチャリ用の英式バルブに変換してくれるやつ

半年経つと空気抜けてるし、日常の空気圧管理に使えるかなぁと思って

e0344839_18564120.jpg

圧力的には自転車の方が遥かに高いし、行けるハズ?

半年放置で1.5キロまで落ちていてそれを2.4キロまで上げたのですが

いやー、これは大変でしたね。1本のタイヤで70~80回は漕がないといけないから大汗でしたね

タイヤ交換の時は継続使用不採用! スタンド行った方がいい、タダだし

日常のちょっと減ったから入れよう、みたいな使い方はできそう、かなり精密に調整できるし。




[PR]
by ebizori2 | 2016-12-24 19:27 | パジェロミニ メンテ

イグニッションコイル交換

現状のイグニッションコイルが悪いという認識はありませんがあと10年乗るつもりなので
予防整備です。

いずれ変えなきゃいかん時がくるはず(現状13万km)、10年後にこの純正コイルの新品が出る保証はなにもないし。

現状ついてるコイルを予備に置いとけば急場はしのげる。



何より、イグニッションコイルは1気筒に1個が普通だと思ってたのですが

H56Aパジェロミニは2気筒に1個(4気筒)なので、その負担たるや通常の倍、高速で100キロ出すと5000回転まで上がるので更なる負荷がかかってる事になります。


難点はこの部品が高いのよ。およそ1個1万円。

V8エンジンなら8万?ヒエー。怖い怖い、2個で良かったー

技術的難易度はほぼゼロなので自力交換をおすすめします、部品が高いのに工賃までというのは・・・あまりにもです。




前回インタークーラー外したので、その続きになります。

インタークーラーを外して、イグニッションコイルを抜くためにじゃまな配管やインタークーラーのステーを

取るよ。
e0344839_18395544.jpg
プラグ交換の時と同じ作業です。

最大の難所はと言うと、ここ

カプラーを抜くところ。おもいっきり硬い、しかも工具で挟むとバリッと壊れそう。
e0344839_14485591.jpg
思案のあげく 新兵器、ホースリムーバー投入

e0344839_14555050.jpg
マイナスドライバーでツメを持ち上げといて

カプラーとコイルのすき間にホースリムーバーの先を入れて、グイッと握りまする。(握ると先が開く)

いけました。(本来は固着したホースを抜く工具なのです、アストロで1000円ぐらいだったかぁ)

新旧比較
e0344839_15063219.jpg
三菱純正です。旧はスペアとして保存するよ。

あとは元どうり差し込んでいくだけだよ。

エンジンに直接つけるボルトにはワコーズのスレッドコンパウンドを塗っておくよ
e0344839_15220910.jpg
高温になるところや、アルミ対鉄みたいな異質の金属が接触するところには塗るべきだと思うよ

(ホイールナットはダメだよ)

でインタークーラーつけて、曲がった放熱板をドライバーの先で整えて、完成
e0344839_15321683.jpg
エンジンかけてみた。!!!!なんとー 驚愕!!!

一瞬でわかったー。『めっさ滑らかになっとるやん!』アイドル時のザラついた感じ無くなって、安定しとる

想定外の大効果やー。予防整備のつもりで交換したのですが驚きであります。つまり、元のコイルはかなりへたってたんですね。


私が思う、10万km超えで、今までいろいろ交換したパーツで絶大効果があったもの。
(コスト対効果も大いに加味してますよ)

1位 フューエルフィルター

2位 イリジウムプラグ

3位 イグニッションコイル

4位 ワイドトレッドスペーサー 

逆に高いわりに効果が薄いと思ったのは

・リアマフラー

・ショックアブソーバー

あくまで個人的印象です










[PR]
by ebizori2 | 2016-12-22 19:05 | パジェロミニ メンテ

インタークーラー内部洗浄

H56A パジェロミニ 19才のインタークーラーの中を洗浄しようと思います。

おそらく19年もののブローバイガスの油分が層となってコッテリと不着し、空冷効果を妨げてるものと考えてます。

新品に交換するのがベストの選択でしょうが、高そうなのと、汚れていても致命的な部品じゃないので洗うよ。

内部は見えないし、複雑にいりくんでいるので、気休めみたいなものですが、せっかく外すのでついでに的な作業です。


難しくはないよ

用意するものは

  • パーツクリーナー(ホムセンの200~300円のやつで充分)
  • 10mm、12mmのボルトを回す工具
  • プライヤー(ペンチ、ラジペンでもいける)
  • マスキングテープ(ガムテープではのり残りすると思う)
  • あとは最も重要な 寒さに負けない気力(技術はゼロで充分)

とりあえず整備解説書の該当するところあげときます
注意する点は外したボルトを落とさない事ぐらいだよ
e0344839_14534057.jpg
全て見えてるボルトで硬く締まってないから簡単だと思うよ。

もしホースが貼りついているようだと

先を丸めた100均のドライバーでほじって、グリグリ本体かホースをねじってやると

取れるよ
e0344839_15035613.jpg
ホースの穴が3か所あるので、2か所マスキングテープでふさぐよ
e0344839_15110204.jpg
残りの穴からパーツクリーナーをたっぷり噴射・充填して

パーツクリーナー1本使いきるつもりで3回ぐらいに分けて

あとはひたすらシャッフルー&シェイクー

おー、汚い液体が出てきまするよ
e0344839_15170904.jpg
2回目、3回目と徐々に薄くなってくるので少しはきれいになってると

思い込みましょう。

しょせんシャッフルですから、完璧にはきれいにならないよ。


インタークーラーを外したついでにPVCバルブもパーツクリーナーで洗浄するよ
、赤いプラスチックのやつ

タペットカバーに刺さってるだけだから、ひっこ抜いたら取れるよ

PVCバルブの点検の仕方は

下の穴に細い棒を差し込んで、中の弁が上下に滑らかに動くかどうか確認するよ。

固着してるようなら新品に交換した方がいい。
e0344839_15361989.jpg
確か純正品が300円ぐらいだったかなー。安かったハズ。

あとはインタークーラーの中のパーツクリーナーが完全に蒸発するのを待ってから

元に戻して終わりだよ。

私は続きの作業があるから、まだ取付けませんけれど。





[PR]
by ebizori2 | 2016-12-21 18:56 | パジェロミニ メンテ

ロワアームのボールジョイントブーツの交換

スタビのリンク交換と平行して行ないました。

(スタビのリンク外さないと、ロワアームが下がらないから難しいと思うよ)

ロックナットが再利用不可なので一度で済ませた方がいいよ (図中Nは再利用不可部品)

ユーザー車検のとき亀裂があってドキドキした項目でもあります。
e0344839_17163301.jpg
※上記仕様は更新されてる可能性がありますので、これが最新とは限らないので

自己責任でお願いします。

ロックナットを半分ぐらい緩めるよ、
e0344839_17283955.jpg
特殊工具登場

アストロ タイロッドエンドプーラー

テーパー状にガッチリ嵌ってるので、必要だと思う。
e0344839_17385332.jpg
ナックルをジャッキで持ち上げて、分離するよ

e0344839_17451162.jpg
こじって、ブーツを外すよ
e0344839_17534213.jpg
ホームセンターで300円ぐらいだったかな。超お気に入り工具です。私的には神工具。

平井工具 アタッカーS (万能ハツリツール)

今回も救われます。
e0344839_18015175.jpg
中の古いグリスをフキ取って、ボールジョイントがスムースに動くかどうか確認するよ

モリブデン系グリス指定なので、ムニムニっと
e0344839_18072312.jpg
新しいブーツ(大野ゴム DC1331)を上から叩き込んで圧入していくのですが

タイロッドエンドブーツを入れる時に活躍してくれた、塩ビの管が微妙にサイズが違うのか

いくら叩いても入ってくれないよ、困った。
e0344839_18165934.jpg
そこで、前述の神工具、アタッカーSでやってみた。

e0344839_18250833.jpg
実際はゴムがキズつかないよう軍手を挟んで、プラハンでソフトタッチでトントンと叩く

すんなり入ったー。



外したナックルをはめ込んで←ボールジョイントのネジ山をキズつけないようはめるの難しかった

上のロックナットを締めていくのですが、テーパーがキッチリ奥まで刺さらないと

共回りして締められないよ。
e0344839_05140539.jpg
仕方ないので

ロワアームをジャッキアップしてギッチリとはめるよ

e0344839_05250467.jpg

規定トルクで締めて完成
e0344839_05354766.jpg
タイロッドエンドのブーツ交換とほぼ同じ感じですが、難易度はこっちのほうが上だと思う。


[PR]
by ebizori2 | 2016-12-06 19:49 | パジェロミニ メンテ

スタビライザー ブッシュ・リンクの交換

自動車もまず10万キロ超えてくると、ゴム・樹脂・部品がまず経年劣化で硬化しおとろえてくる。

古くなると下周りがギシギシゴトゴト鳴ってきまする

第一の要因はゴム類の劣化。簡単そうなとこから交換していくよ

て事で

下回りのリフレッシュの初級編、スタビライザーのブッシュとスタビリンクの交換。

スタビブッシュの交換はしごく簡単。片側につき2か所のボルト外すだけ

e0344839_15394561.jpg
ゴムも硬くなり、亀裂も入ってました。

交換する新しいブッシュには内側にシリコーングリスを塗って取り付けました。

e0344839_15443766.jpg

ちなみにパジェロミニの整備解説書にはグリスアップの指示はありませんが、独自の判断です。


問題はスタビのリンクがかなりサビついていて、簡単には外せなかったよ
e0344839_23434957.jpg
取付部分のボルトが自由にグルグル回るので、先の穴に5mmの六角を刺してナットを回して取るの

ですが、そもそもその穴がサビて六角が刺さらん。

金属ブラシでCRC吹きかけゴシゴシとサビを落し

更に新兵器
e0344839_16030241.jpg
クレ 凍結浸透ルブ 投入。サビついた部分4か所の内3か所はこれで外せたのですが

1本だけ六角の穴が完全に舐めてしまって、ニッチもサッチもで,いわゆるブルドック状態

最終兵器 投入
アストロのナットクラッシャー もはや破壊するしか外しようはないよ
e0344839_16123837.jpg
端をインパクトで強引に締めていきナットを砕きます

e0344839_16153517.jpg
ようやくすべて外せました
e0344839_16182068.jpg
新旧比較
e0344839_16220727.jpg
対策品なのか部品統合されたのかはどうかわかりませんが、形状が少し違います。

まずブッシュの取り付け
e0344839_16282237.jpg
締め付けトルクは20Nm

スタビのリンク (取付ナットは再利用不可です)
e0344839_16313989.jpg
締め付けトルクは54~69Nm ですが。貫通型のトルクスパナなど持ってるはずもなく。

感で!

取付後はほぼ体感はできませんが、予防整備なので充分であります。







[PR]
by ebizori2 | 2016-12-05 16:46 | パジェロミニ メンテ

整備解説書がやってきた

一年前はオールペンして終わり、みたいな感じでいたのですが、整備を進めるうちにドンドンはまり

ついに整備解説書まで入手。この業界では通称『整解』と呼ばれる作業標準。

ヤフオクです

プロ向けの為、難解な言葉のオンパレードと要点のみの記載だよ

でも図解で何となくわかるー

これでトルク管理、再利用不可部品がわかるのは心強い
e0344839_19090543.jpg



しっかり熟読してのぞみたいと思います。





[PR]
by ebizori2 | 2016-11-29 19:15 | パジェロミニ メンテ

ホイールナット交換

今年の2月につけたホイールナットのシリコンカバー
e0344839_08512370.jpg
これが、役立たずで

約10か月で6個無くなった。(全部で20個)

はめ込むだけなので当然、走行中に外れたわけであります。

e0344839_20532240.jpg
という事で、ホイールナットごと交換したよ

e0344839_21020383.jpg
協栄産業のラグナット 力のかかる部品はノーブランドは怖い、当然日本製。

送料込み3000円ぐらい。色が違うので大きさが違うようにみえますが

純正と同じM12×ピッチ1.5 テーパー角60°だよ、全長がちょっと長いだけ

それと、おNewのインパクトレンチの威力も試したかったし。
e0344839_21094938.jpg
前輪のタイヤ上げたままでも、瞬殺だった。5本取るのに5秒かからん

大合格!


新しいナットは切削油まみれなので、パーツクリーナーで洗ってから装着するよ

油が付いてるとオーバートルクになるよ。

そして締めるときはインパクトレンチは使わないよ

手でというか指で全て締まるとこまでクルクルまわす、(砂が噛んでたら感触でわかるし、ネジ山の確認にもなる)

本締めはトルクレンチで規定トルクで締めるよ
e0344839_21292335.jpg
装着完了
e0344839_21321853.jpg
1か月もしないうちにスタッドレスに変えるんだけどネ。

[PR]
by ebizori2 | 2016-11-25 21:47 | パジェロミニ メンテ