タイロッドエンドブーツの交換

ここも見て見ぬ振りをしていた箇所です、ハンドル操作を伝える棒の付け根のジョイントのブーツ

ここも車検上の重要チェックポイントであって、破れていては車検には通りません

交換するよ

現状
e0344839_14123224.jpg
拡大してみると
e0344839_14123750.jpg


反対側もごらんの通り
e0344839_14124213.jpg

工程1

緩み止めの割りピンを抜いて、ナットを緩めます(完全には取らない)
e0344839_14264130.jpg

ジョイント部は中でテーパー状にガッチリはまっているので簡単には抜けないのです。

工程2 特殊工具登場 タイロッドエンドプーラー
e0344839_14370918.jpg


アストロプロダクツ TL204(約1500円)

これを使うと簡単に外せます、外れた瞬間に『バキーン』と大きな音たてて外れますから、壊れたかとビックリするよ


工程3 古い割れたブーツを外す
e0344839_14480199.jpg
ブーツの根本には金属の輪っかが圧入されているので、簡単な取れないよ、マイナスドライバーでコジるよ

工程4
ジョイント部の清掃とグリスアップ
e0344839_14565521.jpg
パーツクリーナー吹きかけて古いグリスを取り除きました、(ガタがないかもチェックするよ)

e0344839_14570274.jpg
ウレアグリス塗ったよ。昔の整備本には質はいいが高いのが難点とされてますが、現在ではホムセンで300円ぐらいで売ってたよ ギザギザのチューブのやつ。

工程4 
最終関門のブーツの圧入
e0344839_15182631.jpg
金属輪っか部分だけに力を加えるために、大きさの丁度合った塩ビ管のパイプエンドみたいなやつ200円ぐらい

を利用したよ

タイロッドは空中にぶら下がってる状態なので、下に支えるものが無いと力を加えられないので私はジャッキを利用しましたが
ぐらぐらなのでコンクリートブロックの方がしっかりしてていいんじゃないかと。
e0344839_15183244.jpg
ジャッキのゴムは外さないと衝撃が吸収されてうまく入らないよ

新旧比較
e0344839_15383571.jpg
社外品 大野ゴムDC-1520 通販で1個400円ぐらい 

工程5
はみ出た余分なグリスをぬぐって、ナットと割りピンをつけます
ナット締め付けトルクは15~33Nらしいのですが、割リピンの穴の位置を合わせないといけないのでかなりアバウトな感じになりますが、よしとしましょう。

完成
e0344839_15513787.jpg
割りピンは本来、再利用不可なので今度タイヤ外すとき差し替えます。買うのん忘れてたよ(30円ぐらい)



[PR]
by ebizori2 | 2016-07-23 16:04 | パジェロミニ メンテ
<< シフトノブ交換 暑いので2 >>