全塗装のための後部下処理(その1)

本日はパジェロミニの後部ドアまわりの下処理
まずはナンバー尾灯カバー(兼ドアの取手)
外し方がわからないので素人らしくマスキングで行います

サンド400番で磨ぎます
e0344839_17230401.jpg
この上にサプラフだけではおもしろくないので

この無用の溝を埋めます
e0344839_17250519.jpg
バンパー下処理のときの余ったパテを塗りたくります
e0344839_17264064.jpg
溝が深いので収縮してます
e0344839_17281178.jpg
薄盛り用のパテなので仕方ありません、磨いだ後さらに盛る予定です。

さらに

リアのワイパーレス化。
リアワイパーなど一生使う事はないだろうという事で
e0344839_17341298.jpg
現在はプラのカバーの状態です。この突起を無くします

内張りを開けて、中のモーターを取り外します
(プラスドライバーだけで簡単)
e0344839_17374952.jpg
廃棄です。

取った後には500円玉ぐらいの穴ができます。

裏からアルミの板を貼ります
e0344839_17413880.jpg
ホムセンで300円ぐらいで売ってます、カッターナイフで筋を入れてパキッと折れば切れるよ

表面を軽くサンドペーパーで粗して、接着面ボデイ側も指が入りにくいですが脱脂、研磨しておきます。

接着剤で裏から貼り付けます
e0344839_17480386.jpg
接着剤がかなりはみ出ました。完全硬化に24時間かかると書いてあるので今日は放置だよ

もちろんこの凹みもパテ盛りするよ

本日の作業は以上。



[PR]
by ebizori2 | 2016-06-09 18:03 | パジェロミニ カスタマイズ
<< 全塗装のための後部下処理(その2) ステッカー装着 >>