ソロキャンプ

怪しい天気の中、初めてソロキャンプ行ってきました。

場所は関西キャンプ場のメッカと言われている笠置キャンプ場

しかも頑張って電車で!

e0344839_15541713.jpg

場所はいろいろネットで検討しましたが

有名な場所すぎて面白くないかもしれませんが

初ソロキャンプ地としては条件が整っているんですよ

駅から近い。予約不要。安い。日帰り温泉が近い。ビール、水、現地調達可能。

利用者のほとんどは車でデイキャンプのファミリーのようでした。

私は炭焼き・タープのフルセット

50リットルザックが破裂しそうなぐらい満タン、結局食材が入りきらず、別途手さげ

割愛したもの

100均のイス、タープのポール、傘、一眼、炭火台のグリル(鉄板)

中でもタープのポールは痛かった

小っさいノコ持っていたので、流木ぐらいいくらでも落ちとるやろ。 と甘い考え

そんな都合いいものはとっくに、たき火の薪にされている訳でありまして

簡単には見つかりませぬ

結局タープは持って行ったものの断念!

さてさて

前回のBBQで失敗した炭でありますが

今回はネット上でも評判の岩手切炭

着火一発(扇ぎなし)火持ち、火力とも上々

破裂もしない、煙も出ない、やはり信頼の国産です、全然違います。

e0344839_16471020.jpg

網デカイです(消耗品と考えてるので一番気に入らないものから使います)

そして

前回できなかった、焼きハマグリ

e0344839_17210961.jpg

あんがい口開かないものなんですねー

6割は開かなかった

そして

一人酒宴は続くわけであります

ラジオは正解でしたー

KBS京都・FM大阪が雑音なしにクリアー

普段聞かない局はとても新鮮です。



暑いし通気性もないし、雨は明日の予報だし、後でやろうと思ってた

フライシート(テントの二重構造の外側)

酔ってきたら尚更横着になります

そのまま寝た模様

こういう時は当然の如く降って参ります。

蚊取り線香のみ、全開で寝てます、夜中、足元ビチャビチャ

あわててフライシートするも時既に遅し

手ぬぐいで応急処置、完全には乾きません、気持ち悪い。

でも熟睡



迎えた朝、シトシト小雨が降ったりやんだり。

e0344839_18375164.jpg

昨日かろうじて見つけた小枝が画期的に機能しましたー

テントの裾をまくりあげて・・

これが無いととても暑くて内部には居られませぬ

朝食はカレー(レトルト)

炊飯はソロキャン定番のメスティン

30ℊの固形燃料でちょうど一合炊けるというのでやってみましたー



炊きあがりは



おおー、完璧!焦げてな~い

e0344839_18594635.jpg


懐かしのボンカレー投入

e0344839_19060139.jpg


朝から一合はにおっさんにはキツかったのですが

米がうまい!さすが、こしひかり魚沼産

完食

今はこういう一合づつ小分けしたの売ってるんです

近所のダイエー(イオン系ならあるんじゃないかな)。品種もいろいろあって、窒素充填で保存もきくし

計らなくていいし、洗わなくていいし

ソロキャンには一押しの商品です。



続いて食後のコーヒー

e0344839_19275176.jpg

左手シャッター難しい


遊んでる間にもどんどん雨は強くなり

近くの温泉が10時からというので

意を決して雨中撤収

びしょ濡れになりながらも、近くの温泉ありがたい!

さっぱりして帰ってまいりました。

キャンプ場600円(一泊)温泉700円

充実のコスパでしたー、癖になりそう。



[PR]
by ebizori2 | 2015-09-06 19:53 | キャンプ用品
<< ソロキャプ 反省点など ステラリッジ2 テントがやってきた >>