お守り

e0344839_22104879.jpg

フジカラーカビ防止剤(強力と書いてあります)

レンズの最大の敵はカビ! 高温多湿な日本では避けなければなりません。

例え防塵防滴の単焦点レンズであったとしても空気の出入りはあります、カビの胞子は小さく

堂々と侵入しています(避けれません)

どんな高額レンズでもカビを繁殖させてしまうと、レンズ価値は失われます。

修理しても完全の元には戻せない、ジャンク品扱いとなります。

安いものなので、防湿庫であっても、お守り代わりに入れておくべきかと思います。



ちなみに私はいわゆるタッパーにシリカゲルをぎっしり入れて使ってます

防湿庫を導入したら、余分のスペースにライカのレンズを入れたくなったら大事となる

ので

導入の予定はありません。


[PR]
by ebizori2 | 2015-07-24 22:59 | 撮影機材・小物
<< ディスタゴンな素直さ (その1) ビオゴンな濃さ >>